アルバイトの掛け持ちについて

たくさんお金を稼ぐためにアルバイトを掛け持ちしている人がいます。時給が高い方に絞ればいいと思ったりもするのですが、自分の都合通りに働けるわけではありません。空いている時間を有効に活用するためにアルバイトの掛け持ちするのでしょう。その時に気をつけることは「勤務時間」です。アルバイトといえども全く残業が無いわけではありません。一日に2つのアルバイトを掛け持ちする時は、時間の管理をしっかりしましょう。前の仕事が残業で長引いて、後の仕事を遅刻してしまっては後の仕事の方の信用を失ってしまいます。信用を失ったら大変です。また、掛け持ちは身体に大きな負担がかかります。一日に1つのアルバイトなら大丈夫ですが、一日に2つ以上のアルバイトをする時は、かなり疲労するでしょう。お金を稼ぐために頑張りすぎて身体を壊してしまったら元も子もありません。余計に出費がかかるでしょう。無理なスケジュールを組まないように気をつけましょう。そして、2カ所以上から給与を貰っていると、確定申告が必要になってきます。確定申告も忘れずにしましょう。1つのアルバイトだけではあまりお金が稼げずに、空いている時間がたくさんある場合は別として、1つのアルバイトでやっていける場合は、無理をして掛け持ちをする必要はないでしょう。掛け持ちの利点は、空き時間の有効活用と人脈が広がることと、お金を稼げることです。反対に欠点は、自分の時間が減り、体への負担が大きくなるといったところです。どちらが良いかは自分で見極めて慎重に決めましょう。