志望動機を伝える大切さ

自分がやりたいバイトの面接で熱意を伝えるとき、志望動機が大きなポイントとなります。故に、志望動機をうまく伝えられるかによって、面接官に「この人はこれだけの志があってこの仕事を選んでくれている」という期待感を抱かせることになるわけです。こうしたことから、志望動機を明確に表現していくことで、自分が選んだ仕事に対してのモチベーションをはっきり伝えることができるのです。志望動機があるということは、少なくとも自分の選んだ仕事を「ただ何となくやっている」いう消極的な意識を持つことなく、しっかりとした目標意識を持ち、仕事を長く続けていく秘訣にすることができるのです。
バイトの面接では、正社員の面接とは違って採用基準のハードルが低いということで、自分の夢のための資金を稼いだり、または生活費を稼ぐためだったりと、志望動機は人それぞれです。一方で、そうした志望動機を聞いた面接官は、こちらが要求する仕事さえこなせば特に問題ないという姿勢で、こちらの意思を尊重してくれることも多々あるようです。また、副業としていつまで働くのかという期間を定めている方は、この期間の間に自分の夢を実現してみせるという志望動機を明確に面接官に伝えていくと良いかもしれません。きちんと自分の考えや事情を話せば、面接官は、仕事の掛け持ちでこちらの仕事に長時間協力してくれなくても、目標を持っている方を応援しようという思いで、採用に踏み切ってくれることもあります。